メニュー

婦人科検診

子宮ガン、自分には関係ないと思っていませんか?
最近は、20代の若い人にも増えつつあります。

自覚症状がなく、検診で見つかったという例も多く報告されているので、20代からの定期的な検診(年に1回)を是非お勧めします。子宮癌には二種類(子宮頚癌、子宮体癌)ありますが、一般的な検診では子宮頚癌だけの検査が多いです。最近では子宮体癌も増えてきていますので、30代以降の方や、不正出血などがある場合は子宮体癌検査も行う方がいいでしょう。子宮体癌の検査は子宮内の細胞を取りますが、簡単な検査です。また同時に超音波断層撮影(エコー)を行い、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫など婦人科的な異常がないかのチェックを行うことも是非お勧めします。

子宮がん検診 公費(人画像)

婦人科検診について(日本婦人科腫瘍学会)

子宮頸がん予防ワクチンについて(日本産婦人科学会)

子宮体癌が増えています、子宮内膜増殖症も要注意です!(PDF)

子宮内膜組織診

子宮頸部嚢胞性病変(胃型ムチン検査のご案内)

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME